アイススケートの服装と身だしなみ!始める前のひと手間

浅田選手などの活躍を見て、我が子にもスケートを習わせたい!と思っている親御さんも多いことでしょう。

スケートを習わせる前に気をつけたい身だしなみ
  1. アイススケートを始めるなら?
  2. 選手を目指すなら、必要な身だしなみとは?
  3. こどもでも脱毛は可能?

アイススケートを始めるなら?

Q.アイススケートを習わせたいならまず何をする?
A.まず子どものスケート教室があるスケート場を探してみましょう。

スケート教室によっては、有名なコーチを招いて教室を行っている可能性もあるので、そのような教室に行くことで子どもの適性も判断できますね。

ここでコーチと知り合いになったり、その他の方から情報をもらうことでスケーターを育てるクラブチームなどに入れる可能性も出てきます。

そのようなチームに入ると、合宿や合同練習などに時間とエネルギーをつぎ込むことになりますので、本人も親も相当の覚悟が必要でしょう。

選手を目指すなら、必要な身だしなみとは?

選手を目指す心が芽生えるにつれて、かかるお金も上がってきます

スケート靴とコスチューム費用

スケート靴
スケートを習わせるうえでスケート靴は必須であり、少々値が張っても良いものを選ぶべきです。

そして成長に応じてどんどん買い換えなければならないので、お金もかかるものですね。

ですが子どもの将来のため、と良いものを与える親御さんが多いのもうなずけます。

コスチューム
コスチュームも値段が高いですが、我が子が綺麗なコスチュームに身を包んで華々しく滑る姿はどの親にとっても嬉しいはずです。

指刺し気になるポイント
  • コスチュームを着る際のムダ毛の処理
  • スケートのコスチュームは露出度が高い
  • 子どもの年齢が上がるにつれてムダ毛の問題が出てくる
  • アンダーヘアの問題もでてくる

スケートをしている女の子の大半が全身脱毛しています。

しかもアンダーヘアも脱毛済みの子がほとんどなのです。

こどもでも脱毛は可能?

脱毛は年齢制限がありそうですが、実は子どもでも受けられます。

その理由は、脱毛に使われる光は人体に有害なものではなく、毛の黒色メラニンにのみ反応するようにできているからです。

子供でもできる脱毛方法は?
  • サロンでの光脱毛・・・安心して受けられます
  • 医療レーザー脱毛・・・光が強いのでおすすめできません

スケートを行うには、靴や衣装をそろえること、それに加えて脱毛処理を行なうことが欠かせないようです。

早めに行って、つるつる肌で晴れ舞台を迎えさせてあげてはいかがでしょうか?

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る