介護福祉士やヘルパーさんにVIO脱毛が流行ってる!その理由は?

介護や福祉の現場で働く人のなかで、特にデリケートゾーンの脱毛が流行っています。

女性や男性に問わず、介護士や福祉関係の仕事する人に、VIO脱毛をする人が増えているのはなぜなのでしょうか?

介護の現場だからこそ直面する特有な問題があります。

実際に下の世話をする立場としては、陰毛が少ないほうが、衛生的なんですよね。


介護福祉士、介護ヘルパーさんの仕事とは?

介護福祉士、または介護ヘルパーさんという職業の名前はよく聞きますが、実際にはどんな仕事をされている方たちなのでしょうか?

主な介護福祉士と介護ヘルパーの仕事

  • お年寄りなどの介護の必要な方の援助
  • 食事や排泄、入浴などの介護

介護福祉士は国家資格を与えられた資格ですが、基本的な仕事内容はヘルパーさんと同じことをやり、またヘルパーさんの指導も行います。

参考:介護福祉士国家試験

介護ヘルパーは国家資格ではありませんが、専門講座を受講して、民間の認定試験を受けて資格を取っている人がほとんどです。

参考:全国ホームヘルパー協議会

介護福祉士、介護ヘルパーさんの仕事は体力仕事で、エネルギーがとってもいるし、精神的にもかなり消耗する仕事です。

入浴をさせるのに着替えをさせてあげて、浴槽まで連れて行き、介護のレベルの高い方であれば入浴から体を洗うこと、すべてにおいて介護福祉士や介護ヘルパーさんの仕事になるのです。

足や腰が弱っているお年寄りの患者さんが多く、重い体を支えながら、なかには持ち上げて入浴させることもあるためとても重労働です。

自分で体を洗うこともできない方もいるので、ヘルパーさんや介護福祉士の方が、洗ってあげることもしばしばです。

つまり、デリケートゾーンも清潔にしてあげるため、ヘアが多いとなかなか衛生的にするのに時間がかかって大変です。

実際、臭いもこもる部分なので、福祉のお仕事をしていても、そのニオイにムッとすることもあるでしょう。

そんなときに自身の老後を考えると・・VIO脱毛がイメージされたりします。

介護福祉士や介護ヘルパーさんがVIO脱毛を考える理由


Q.介護において入浴をさせる際に大変なことは?

A.陰毛のお手入れが大変

お年寄りになると介護レベルが高くなるほどに排せつの処理もしにくくなり、入浴の際にはデリケートゾーンを清潔にしなければならないのがストレスとなってきます。

こうゆう場面に毎日遭遇する介護福祉士や介護ヘルパーさんは、「自分は迷惑をかけないように脱毛処理をしておこう。」という将来の目標になってくるのです。

そこで、足腰が元気な若いうちにVIO脱毛を完了しておこうという気持ちになりますね。

介護脱毛とは?


介護脱毛とは、中高年の人が、将来自分が介護される側になったときに、アンダーヘアがあることで臭いや衛生面で気になったり、ワキ毛が生えっぱなしになることの恥ずかしさなどを解消するために、準備としてする永久脱毛のことです。


介護状態になると、自分で身の回りのことがうまくできなくなるので、家族や他人に手伝ってもらわないといけなくて、人によっては、全然平気な人もいるけど、特に下の世話を他人にやってもらうのに苦手意識を持つ人もいます。


20代ではまだ介護と聞いても、ピンとこないかも知れませんが、40代、50代となっていくにつれて、親や配偶者の親を介護する側になってきます。


また、そういう職種に就く人もいるので、若いうちから介護される立場に敏感になっている人もいます。


60代、70代となってくると、今度は介護される側になる可能性が高くなるので、特に、介護を仕事としている人は、オムツ交換やお風呂など衛生面の諸事情に常に直面しているので早めに自分のヘアを少なくして下の世話をしてもらうのに手間とらない準備もしたいと思う人が多いのでしょう。


将来自分が介護される立場になった時に、アンダーヘアはどうしてもムレるので、臭いがあったり不潔になりやすいことを考えると早めの対策をしたいと考えます。


病院の看護師さんや施設の介護士さんなど、プロの人だったら手際よくササっとできることも、自分の子供やお嫁さんなど素人ではそうはいきません。。


介護される方でも臭いや衛生面が気になるので、できれば介護してくれる人にはできるだけ不快な思いをさせたくないと考えますよね。


アンダーヘアは剃ることもできますが、カミソリ負けをしたり生えてくるときにチクチクしたりと、解決策というわけにはいきません。


人間は必ず歳をとっていくものなので、いずれ介護されるのを考えたら元気で動けるうちに、アンダーヘアを永久脱毛しておこうと思っている中高年の人が、ここ数年増えています。


一昔前の永久脱毛と言えば、1本ずつ処理をする電気脱毛で、時間もお金もそして何より痛みが強い脱毛方法が主流だったので、なかなか一歩踏み出せない人も多かったです。


しかし近年は脱毛機もかなり進化して、光脱毛や医療レーザー脱毛など、低価格で痛みも少なくなり、手軽に脱毛に通えるようになりました。


また40代以上になるころには、子育てもある程度落ち着いて、時間や費用面でも余裕が生まれるので、この年代で脱毛する人が増えているというのもわかりますね。


参考:MONEY PLUS

白髪脱毛は難しい現状


介護脱毛するならもっと後々でもいいんじゃないかと思いますが、現実は若いうちの早めから始めるのがおすすめです。

40代後半より、頭の白髪はどんどん増えて生えてきます。

白髪が増えてきたらそろそろ脱毛でもと考えている人もいますが、でもそれでは遅いんです。

その理由には、白髪が脱毛に向いていないというのがあります。

脱毛方法には3種類あります。

  • 光脱毛
  • 医療レーザー脱毛
  • 電気脱毛

脱毛方法の中で、白髪脱毛ができるのは電気脱毛だけです。

ただ電気脱毛は痛みが強く、時間も費用もかかるので、要注意です。

特にデリケートゾーンの脱毛時の痛みを考えると、躊躇してしまいますが、電気脱毛で処理できるヘアは粘膜以外になるので、せいぜいパンティラインのすぐ下くらいしか脱毛ができません。

IラインとかOラインの白髪脱毛はできないため、やっぱり陰毛が白髪にならないうちに脱毛するのがおススメです。

それなら光脱毛や医療レーザー脱毛でと思いますが、残念なことにレーザー脱毛は白髪を脱毛することはできません。

レーザーは黒い色素しか反応しないので、白髪のように色素のない毛には効果がありません。

介護脱毛をしようと思っているなら、白髪が増える前にしておく方がいいですね。

白髪が増えてしまった場合は、光脱毛や医療レーザー脱毛で黒い毛を脱毛後、残った白髪を電気脱毛で処理するといいですよ。

でも痛い思いをしたくないのなら、白髪のない早い時期から始めておくといいですね。

VIO脱毛のおすすめは?


デリケートゾーンの脱毛をVIO脱毛といいますが、それぞれの部分は以下になります。

VIO脱毛の種類
  • Vライン・・パンティラインの内側の部分
  • Iライン・・真ん中の陰部中心
  • Oライ・・肛門付近
 

VIOの部分の全ての毛を脱毛するのが抵抗があるという人はVラインとOラインだけ、や全体に薄くするなど、希望のデリケートゾーンの形で脱毛を選べます。

しかし、最近の傾向はツルツル志向が多いため、男性でもすべての毛をなくしたいという人が多いです。

特に陰部のすべてをスッキリさせて、体臭対策や清潔感アップに早くなりたい、とかなりの人気です。


医療脱毛と電気脱毛の永久脱毛の違いは?値段と効果を比較するとどっちに行くべき?


関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る