髭が濃い人と薄い人の違いがわかった!2週間に1回しかヒゲソリしないメンズはこんな人!

ヒゲソリ週一回

男性の毎朝決まった仕事と言えば「髭剃り」ではないですか?

でも、髭剃りって面倒だし、肌への負担が大きいので、「できれば毎日はしたくない」と思っていたりしませんか?

実は世の中には、髭剃りを2週間に1回程度しかしないという男性もいます。毎日髭剃りしている人からすると、信じられない話ですよね。

2週間に1回の髭剃りで間に合う男性の特徴

  1. 髭が濃くなるのはホルモンのせい?髭が濃い男性の特徴は?
  2. 髭剃りが2週間に1回!?髭が薄い人の秘密


髭が濃くなるのはホルモンのせい?髭が濃い男性の特徴は?


体毛の濃い薄いは、男性の中でも個人差が大きいですよね。

なぜ同じ男性なのに、このような違いが現れるか知っていますか?実はそれは、ホルモンの影響なのです。

男性は思春期になると、骨格が大きくなったり、声変わりしたりと体に大きな変化が現れますよね。

髭が生えてくるのもこの頃です。これは、体の中で男性ホルモンがたくさん作られて、「男らしい体になりなさい」と命令をするからなのですね。

髭が生えるのは、「テストステロン」という男性ホルモンが影響

テストステロンが髭の根元に来ると、ジヒドロテストステロン(DHT)と言う物質に代わり、このDHTが髭の根元にくっつくことで、髭に「太く強く育ちなさい」という命令を出します。

女性は、血液中のテストステロン濃度が男性の1/10~1/20しかなく、逆に男性ホルモンの働きを抑える女性ホルモンが多いので、髭が生えてくることがないんですね。

髭が濃い人は、体の中でテストステロンが多く作られていたりテストステロンをDHTに変換する酵素の量が多かったりして、髭を育てる命令がたくさん出されているのが特徴です。

髭剃りが2週間に1回!?髭が薄い人の秘密


2週間に1回しか髭剃りをしないでよい人の特徴

  • 体毛が薄い体質
  • 髭脱毛している

体毛が薄い体質

まずは体質的に髭が薄い場合です。

男性の中には、生まれつきテストステロン自体の量や、テストステロンをDHTに変換する酵素の量が少なかったり、髭の根元にDHTがくっつく部分がほとんど存在しないといった体質の男性がいます。

その場合、髭が薄く伸びる速度も遅くなるので、髭剃りは2週間に1回で十分になります。

50代で髭が濃くなる人のメカニズム


髭脱毛している

生まれつき髭が薄い男性を真似することはできませんが、髭が濃い男性でも2週間に1回の髭剃りで十分なほど髭を薄くする方法があります。

それは「髭脱毛」をすることです。

脱毛と言えば毛が無いつるつるの状態を想像しがちですが、そうなるまでには何度も脱毛を行わなければなりません。

髭を少しずつ薄くしていき、希望の濃さで脱毛をやめればそれ以上髭が減ることは無いのです。

髭脱毛の脱毛方法

  • レーザー脱毛
  • 光脱毛
  • 電気脱毛

レーザー脱毛

早く脱毛の効果を出したい場合は、クリニックのレーザー脱毛がおすすめです。

強い光で脱毛するので、早い人だと脱毛を開始してから数か月で髭が薄くなったと感じることができます。

光脱毛

肌に負担をかけずにゆっくりと脱毛したい場合は、サロンの光脱毛を選びましょう。

レーザーよりも弱い光を使用しているので、効果が出るのは遅くなりますが、何度も脱毛に通えばレーザー脱毛と同じくらいの効果を得ることができます。

電気脱毛

確実に髭を脱毛したいデザイン髭を手軽に維持したいという場合は電気脱毛がお勧めです。

費用は他の脱毛方法よりも高くなりますが、1本1本確実に髭を処理する方法なので、脱毛効果は一番高くなります。

電気脱毛ができるサロン

  • メンズTBC
  • ダンディハウス

TBCの髭脱毛の永久脱毛効果


もともと髭が薄い人でないと、2週間に1回しか髭剃りをしなくていい男性になるためには、髭脱毛が必要です。

脱毛時はまとまったお金がかかりますが、脱毛後の電気シェーバーやカミソリの替刃を節約できることを考えると、一概に高いとは言えませんよね。

また、毎朝の時間短縮やヒゲソリしなくなった分肌が見違えるようにキレイになることを考えると、大きなメリットになります。

各サロンやクリニックでは初回限定お試しプランを用意しているお店が多いので、効果が気になる男性は、まずはそちらを利用して効果を体験してみると安心ですね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る